くろねこブログ

不労所得への道

メニュー

投資の種類をリスク・リターンごとに分類して徹底解説

2019年4月20日
467 views
約 8 分

[char no=”1″ char=”くろねこ”]

ども、くろねこです。

この記事では投資のさまざまな種類をリスクの大きさごとに分類して

説明していきます。

みなさんそれぞれ所有資産が異なると思うので、それぞれ自分が今どのステージにいるか

ローリスクハイリターンを実現するためには

次に何をすべきかを見極めていただければと思います。

ローリスクハイリターン投資法については

投資の理想形!?分散投資を活用したローリスクハイリターン投資法とは?の記事を読んでください。

[/char]

投資には大きく

  • ローリスクローリターン投資
  • ミドルリスクミドルリターン投資
  • ハイリスクハイリターン投資

の3つがあります。

ローリスクローリターン投資

先に結論から言うと、一般人の資産レベルで、

ローリスクローリターン投資は不動産投資ぐらいしかありません。

ローリスクローリターンは年間の利率が少ないです。

となると、元金が多くないとダメです。

最低でも1000万円ぐらいは準備しないと面白い投資にはなりません。

元金が手元にない一般の方の場合、この時点でアウトですが、

唯一の手段は、元金を金利安く借りれる不動産ローンです。

不動産の1番のメリットは、金融機関の信頼が高いため、

平気で数千万円単位で借り入れが出来ることにあります。

ただ、注意ポイントは、中古ワンルームマンションの投資マンション。

私はそれはおすすめしません。

この場合、ローンの金利が高くなってしまうからです。

もし買うのであれば、金利を極限まで安くしないと、利回りが死んでしまいますので、

ファミリータイプの中古マンション物件を買う方がオススメです。

これであれば、3000万円〜4000万円の価格で、かつお金は全て借りてきます。

さらに、投資用として金融機関から借りるのではなく、住居用として借りることで、金利をさらに安く借りるのがもっとも金利が安く済みます。

それぐらい徹底して、かつ立地は、空室リスクのない、東京エリア。

そして、安く物件を拾ってきてくれる優秀な不動産会社とタッグを組んて、初めて利益が出ます。

ただ、当然3000万円〜4000万円のローンを組むには、年収500万円前後ないと、厳しいという現状がありますので、そこもハードルです。

これが日本の場合の不動産投資です。

まあ、要するに、そんなに甘くないということですね。

もちろん、この条件を満たせる方は、ぜひ取り入れていただいた方が良いと思います。

アジア不動産は?という声が聞こえてきそうですが、

これは、ミドルリスクミドルリターンです。

アジア不動産は、リターンが大きくなる可能性ももちろんありますが、

それ以上にまずは、

  • 信頼できる業者を見つけること。
  • 物件が正しく建設されるか?

など、様々な詐欺をくぐり抜けてミドルリスクミドルリターンにたどり着きます。

(わたしがたどり着いていると考え、力を入れているのがGPCです。GPCについては
GPC徹底解説① 会社概要編。提携先のM101についても徹底解説。の記事を参照してください。)

また、日本の金融機関からはお金は当然借りにくいですので、手元に現金がないとダメです。

一般人には難しい物件です。

現金がない場合には、リスクを上げるか、ビジネスして現金を貯めるかの2択になります。

ミドルリスクミドルリターン投資

ミドルリスクミドルリターンの例として、株とfxで話をしてみたいと思います。

まず、株であれば、

東証マザーズの株であれば、ミドルリスクミドルリターンで投資をすることが可能です。

株というと、有名企業の株を買いたですよね。

東証1部上場の有名株は、これも資産がないとダメです。

最低1000万円ぐらいの資産をしっかりと持って取り組まないと利益を大きく生み出すことは出来ません。

ただし、東証マザーズに上場している株であれば、ベンチャー企業から上場したばかりの株が多いので、大きく跳ね上がる株も多数もあります。

感覚でいうと、マザーズの株は、仮想通貨の市場に似ています。少額で投資をして、大きく稼ぎにいく方がいますね。

ただ、やはりしっかりと企業の情報を調べる知識と経験が必要です。

次に、fxについての話をします。

fxは、レバレッジという形で、投資金額が少なくても大きく賭けることができるので、多くの方が挑戦しています。

例えば、日本には、fxコミュニティという形でノウハウを教える組織や、

自動売買ツールトレードなどを使った手法が普及しています。

コミュニティの場合のやり方は、多種多様ですが、大体は、チャートを分析して配信するコミュニティが多いです。

ただ、あらゆるパターンを素人が学ぶことは無理ですので、

チャートがこの形の時のみ、投資をしてください。

という形で、特定の勝ちやすいパターンのみ教えるコミュニティが多いです。

ちなみに、日本最大と言われるfxコミュニティはこの手法になります。

こう聞くと、出来そうな気がしてきます。

ですが、実際問題、その勝ちやすいチャートの形の時に、暇でないと勝負が出来ない。

という問題があります。

となると、時間に割と余裕がある方でないと難しいです。

この辺りが、fxの難しいところですね。

いろんな投資がありますが、自分の生活リズムやスタイルに合うものをチョイスするのが重要と言えると思います。

自由な時間に、稼ぎたい!

ということであれば、fxは厳しいかと思います。

ハイリスクハイリターン投資

ハイリスクハイリターンの定義から説明します。

ハイリスクハイリターンと聞くと、生きるか死ぬかみたいなギャンブル的要素を想像する方がいらっしゃいますが、

正しくはそうではありません。

投資は、ギャンブルではありません。

ハイリスクハイリターンというのは、ボラティリティが高いことを指します。

ボラティリティとは、相場の変動の幅が激しいという意味です。

例えば、日本円とドルで考えた場合、1ドル=110円のものが、いきなり1ドル300円とかにはなりません。

これは、変動幅が少ない(=ボラティリティが低い)ためです。

逆に、仮想通貨は、変動が幅が高い(=ボラティリティが高い)ので、1コイン=100円が、

数日後には、1コイン=300円なんてことがありえます。

つまり、ハイリスクハイリターン投資とは、

変動幅が大きい(=ボラティリティが高い)投資のことを指します。

では、このボラティリティが高い投資で挑戦できるものは何か?

ベンチャー企業投資などはその部類かと思います。

企業が倒産してしまうリスクを持ちながら、上場企業に成長すれば、数倍・数十倍の利益が見える可能性があります。

ですが、このベンチャー投資への個人での参加は厳しいです。

一般公開されている株ではないので、資産家の間にしか話が回ってきません。

例えば、直近で最も成功した企業事例だと、メルカリ があります。

今でこそ大勝利をもぎ取ったメルカリも最初の数年間はずっと赤字でした。

その赤字の期間を支えたのは、投資家からの資金調達です。

こういう赤字を支えるために、資金調達を求められる機会があり、そこに投資をするからハイリスクハイリターンなわけです。

では、我々には、投資できるものはないのか?

と言われると、あります。

それが仮想通貨投資です。

仮想通貨投資は、ベンチャー企業投資ととても似ています。

企業ではなく、仮想通貨のプロジェクト という言い方になっているだけで、

仮想通貨を通じて、社会の課題を解決していくから、このコインの普及に向けてコインを買って欲しい

というのが、仮想通貨投資の本質です。

つまり、未来の可能性をかけて投資するベンチャー投資と本質は同じです。

一点違う点は、株ではないので、誰でも仮想通貨を通じて、ベンチャー企業に投資ができる。

これが仮想通貨の本来持つ素晴らしいところなのです。

ただ、デメリットは、仮想通貨のプロジェクトは、ベンチャー企業以上にいい加減なプロジェクトが多いということです。

投資先が、本当に価値あるプロジェクトなのか?本当に真面目に取り組んでいる企業なのか?

それを仮想通貨も見極めないとダメです。

逆にいうと、価値があり、真面目さがあるプロジェクトであれば、ボラティリティが高いので、

大きく下がることはありますが、長い目でみれば、必ず大きく上がる瞬間があります。

ですので、私は、今でも、価値があり、真面目に取り組むプロジェクトの仮想通貨は一切手離しておりません。

仮想通貨相場は、大きく冷え込むこともありますが、

ハイリスクハイリターン(ボラティリティが高い投資)というのは、そういうものなのです。

それをわかっていれば、いちいち少しの変動がでメンタルをやられたりしません。

自分が、どんな投資に取り組んでいるのか?

本質をしっかりと学びましょう。

まとめ

リスクごとに投資の種類について説明させていただきました。

それぞれの投資に参入ハードルであったり、参入後のリスクがあります。

一番安定しているのはもちろんビジネスで稼ぐということ。

それにはスキルが求められます。

このブログではそういったスキルについても解説しておりますので

ビジネススキルカテゴリーを参照してください。

ビジネスで安定した利益を上げつつ、そのお金を、少しずつ投資に回していく。

そうして資産を雪だるま式に大きくしていくのが最も堅実な運用方法です。

お金稼ぎに近道はありません。堅実に増やしていきましょう。

ではでは今日はこの辺で。

LINE@でも情報発信を行っています。

会社員でもできるお金の作り方について配信しています。

登録がまだの方は↓のリンクからお願いします。

Add friend

コメントはこちら

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE