くろねこブログ

不労所得への道

メニュー

年金の破綻が露呈!?老後のために2,000万が必要と金融庁が発表!

562 views
約 5 分

こんばんは。
くろねこです。

昨日、金融庁から突然の発表がありました。
老後には2,000万円以上の蓄えが必要と。

まだご覧になっていない方はこちらを読んでください。
https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4742/

後日、軽率だったとか謝罪していますが、
事実ですからね。

ここで国に対して「無責任な発言しやがって!」と文句言って終わるか、
「自分で稼ぐ力を身に付けないと!」といって行動するかは大きな違いです。

以下は行動したい人向けの内容です。

—————————————————————————————–
この2,000万円の前提になっているのは
「人生100年時代」というキーワードです。

医療が発達した現代では、人の寿命が平均して100歳付近まで伸びるということです。

貯金しないとですねー
資産作らないとですねー

で終わってしまっては国の思うがままです。

まずそもそも、2,000万円で足りると思いますか?
ざっくり計算してみましょう。

60歳定年で100歳まで生きるとして40年間。
夫婦二人暮らし。月々の出費は

家賃:5万円
食費:5万円
光熱費:1万円
その他諸経費:2万円

合計:13万円

とすると、40年間で約6,000万円以上が必要になってきます。

2,000万円じゃ全然足りません。

もちろん年金なんてあてにしてませんよね?

では、この2,000万円とは何の数字なのか?

これは日本の金融商品で作れるぎりぎりの金額です。

積み立てNISAやIDECOで、20年間積み立てしたらぎりぎり作れますよ、という数字です。

おそらく、今日以降こういった商品を扱っている人は

老後に2,000万円積み上げられるようなシミュレーションのプレゼンをしてくると思います。

もしそういうプレゼンを聞いたら教えてくださいw

この金融庁の発表を受けて、国の思惑通りに

ファイナンシャルプランナーに言われるがままに

日本の金融商品にお金を入れてしまったら思うつぼです。

国の洗脳に見事に引っかかっています。

余談ですが、日本という国は洗脳が大好きです。
洗脳されやすい国民性でもあります。

年金は収めるもの
税金は国民の義務
就職して当たり前

すべて洗脳です。
義務教育という形で12年間にわたって洗脳しているんです。

おかしくないですか?
義務といわれる税金について、義務教育の中では何も教えてくれません。
我々は勉強する機会を与えられないまま社会に放り出されるんですよw

洗脳されていることに気づかないとだめです。

私のこの配信だってある意味洗脳です。
日本という国を信用するなという洗脳。

何が正しいかは皆さん地震でしっかりと考えて判断してください。

余談終わり。

金融庁の発表は正しい部分もあって

このままいくと老後貧困に陥りますよという部分は正しい。

だから今のうちから投資する、個人で稼ぐ力を身に付ける

これらに取り組まないといけません。

また余談

個人で稼ぐ力については別のLINE@で配信しております。
情報欲しい方はこちらからどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40bqn5596s

余談終わり

老後は全員投資家なんです。

定年という制度があるので60歳以降は会社員はできません。

となると、収入を得るには投資をするのが第一選択肢になります。

その投資を60歳になってから挑戦する?

これはかなり無謀です。

60歳になるとフットワークも重くなり、考える力も今よりは少し衰えます。

どうせ投資家になるのがわかっているのであれば、

今から投資に関して、アンテナを張っておくのがいいです。

あなたは投資家人生の方が長いんです。

大学卒業後、22歳で就職。60歳の定年まで労働人生は38年。

そこから100歳までの投資人生は40年。

そこまで見えているのであれば今のうちから勉強しましょう。

お金の預け場所、何か所知っていますか?
日本の銀行だけじゃダメです。

海外口座や、海外保険への積み立てなど。

あなたは選択肢を知らないだけです。

知ってる人に教えてもらいましょう。

吟味するのはそこからです。
(どんな情報、誰から聞いた情報であっても必ず自分で調べて納得してからお金を預けるようにしてください。)

どこから学ぶか?

わたしがお世話になっている方が毎回資産形成セミナーを開催しているので、そちらをお勧めしています。

予約制ですので、参加希望の方は以下お問い合わせフォームよりセミナー参加希望の旨、ご連絡ください。
日程、場所など詳細をご連絡いたします。

お問い合わせ窓口

コメントはこちら

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE